スーパーの特売品をAmazonで販売し大金を得て成功した28歳が語る成功のコツとは?

たつぼー
 こういうノウハウを教えたり公開しても殆どの人がやらないから全然影響ないでしょうね。 

アメリカ・ミネソタ州ミネアポリスで会計士として働いていたRyan Grant氏は、ある日、自分が望んだキャリアを歩んでいないと感じたとのこと。そこで、仕事を辞めて自分で自分の時間をコントロールしスケジュールを決められる方法を探したところ、ウィノナ州立大学の大学生だった時に、年2回、教科書の買い戻しイベントを行っていたことを思い出しました。当時、Grant氏が教科書のリストをAmazonに載せ、購入者に発送すると、年1万ドル(約110万円)の収益になったのです。

当時のGrant氏はAmazon Sellerというアプリを使って教科書によって得られる利益と必要な時間を予測し、買い戻しを行っていました。しかし、実際にやってみると発送や梱包作業が大変だったため、イベントは1学期しか行わなかったそうです。もう一度同様のことを行うにあたって、Grant氏は教科書以外のものを販売すること、そしてフルフィルメント by Amazon(FBA)を利用することを決めました。FBAを利用すると商品をAmazonの倉庫に納品・管理でき、Amazon側が注文に応じて出荷してくれるようになるため、売り手が梱包などの処理をする必要がなくなります。

Grant氏はウォルマートのクリアランスセールに向かい、おもちゃ・ゲーム・家電などのいくつかの製品が利益を生み出せるとAmazonのアプリで確認したのちに、再販売を行いました。

アプリを使うと、こんな感じで製品を販売することでどのくらいの利益が出るのかがわかるようになっています。

続きを読む

この記事が気に入ったら
フォローしよう!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

荒木 達哉
高校在学中(18歳)の時に、地元の先輩がメルマガ運営で稼いでいることを知り「僕にもできるはず!」と思い始める。失敗と成功を繰り返しながらも事業を拡大し20歳で法人化。更に、メルマガ読者が計10万人を突破し、ほぼ労働せずに月収も200万円以上を稼ぐまでになる。

1994年(24歳)の時に信用していた人と一緒に新規事業を始めるが、その人と資金が同時に消え人間不信に。それが原因で引きこもり状態となり会社も廃業。1年後、社会復帰しサラリーマンを数年経験した結果、起業した方がトータルリスクが断然低いと感じ再び起業。

現在では、3歩先を行くビジネスデザイナーとして「自分自身で稼ぐ力をつけたいけど何をして良いのかわからない」「ビジネスに取り組んでみたけど成果が出なかった」そんな方の為のビジネススクール、オンラインサロンを運営。その他、コンサルタント・著者・コラム連載・Webラジオ・などで活動中。

ABOUTこの記事をかいた人

arakitatsuya

3歩先を行くビジネスデザイナー。お金の本質、稼ぎ方から物事の捉え方、考え方などをアドバイスしております。 人生を劇的に変化させる【3ステップ】 『知らなかったことを知る』『正しい考え方に変える』『そして行動に移す』たったこれだけで目の前の世界は劇的に変化していきます。 座右の銘=継続は力なり。 — 活動内容 — 【コンサルタント/著者 / コラム連載 / ラジオ /ビジネススクール/オンラインサロン】