【Q&A】一部上場企業とは?【BN】

今日は…『一部上場企業とは?』
という質問に、私が答えていきたいと思います。 
 

しつもん
  こんにちは、今就活してるんですが、資本金とか一部上場企業とかあんまり意味がわかっていません。
友達には今更恥ずかしくて聞けないので教えて下さい。
 

ぼくのこたえ
 別に恥ずかしくないと思いますよ。
興味があれば、こうやって知ろうとするはずですから。
 
まず、資本金から…
すごく簡単に言うと、会社をスタートさせる為に必要なお金です。
このお金を基にして利益を生み出そうってことです。
 

次に一部上場企業ですが…

一定条件(時価総額・株主数など…)をクリアした企業のみが上場できます。
一部、二部があり、一部の方が審査はより厳しくなります。

上場するメリットは、
資金調達、優秀な人材の確保がしやすくなったり、
社会的信用力も得られるし、その他にも色々ありますよ。

因みに、デメリットもあります。
簡単に言うと、買収されるリスクが常にあるということです。
あと、個人的に思う最大のデメリットは、自分の好きなように経営ができなくなることですね。

まぁ、自分だけの会社じゃなくなるって事です。 

 

と私は答えました。

【何でもQ&A・相談フォーム】
ご連絡お待ちしております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文 (必須)

【メッセージの確認】
お問い合わせ内容はこちらで宜しいですか?
よろしければチェック後、送信して下さい。

※荒木達哉からのメールアドレスは「info@araki-tatsuya.com」から送信しております。
メールの指定受信や拒否設定を行っていると回答が届かないことがありますので、受信可能な設定に変更後、お問い合わせフォームの入力を行ってください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう!

いつもシェアありがとうございます!今回も是非

荒木 達哉
高校在学中(18歳)の時に、地元の先輩がメルマガ運営で稼いでいることを知り「僕にもできるはず!」と思い始める。失敗と成功を繰り返しながらも事業を拡大し20歳で法人化。更に、メルマガ読者が計10万人を突破し、ほぼ労働せずに月収も200万円以上を稼ぐまでになる。

1994年(24歳)の時に信用していた人と一緒に新規事業を始めるが、その人と資金が同時に消え人間不信に。それが原因で引きこもり状態となり会社も廃業。1年後、社会復帰しサラリーマンを数年経験した結果、起業した方がトータルリスクが断然低いと感じ再び起業。

現在では、3歩先を行くビジネスデザイナーとして「自分自身で稼ぐ力をつけたいけど何をして良いのかわからない」「ビジネスに取り組んでみたけど成果が出なかった」そんな方の為のビジネススクール、オンラインサロンを運営。その他、コンサルタント・著者・コラム連載・Webラジオ・などで活動中。

■匿名でOK。コメントのみで投稿できるよ!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

arakitatsuya

3歩先を行くビジネスデザイナー。お金の本質、稼ぎ方から物事の捉え方、考え方などをアドバイスしております。 人生を劇的に変化させる【3ステップ】 『知らなかったことを知る』『正しい考え方に変える』『そして行動に移す』たったこれだけで目の前の世界は劇的に変化していきます。 座右の銘=継続は力なり。 — 活動内容 — 【コンサルタント/著者 / コラム連載 / ラジオ /ビジネススクール/オンラインサロン】